Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

なぜ「田中さん」は西日本に多いのか

投稿日:

なぜ「田中さん」は西日本に多いのか (日経プレミアシリーズ)

苗字の、東アジアにおける多様性はそのまま、日本が儒教文化を丸ごと受け入れなかったことと直結してますね。

朝鮮半島では、2割を超える人が「金」さんだとか。
男子直系のみを重視しすぎるとそうなる、ということでしょうか。
そして「李氏朝鮮」というように、王族や皇族にも姓があるのと違い、日本の天皇家にのみ姓がない。

面白いですね。「賜姓」というくらいで、豊臣も源も、帝からいただくものだった。

今は、かなり日本国内でもミックスされていますし、都会に人口が集中しているのでだんだん言い切ることはできなくなっているけども、この島国で、やはり関ヶ原あたりで分断される文化があるというのは面白い。

鈴木さんが一番多いと思ってたけど、苗字で一番多いのは佐藤さんなんですね。

やっぱりイレギュラーな、三文字の苗字(早乙女とか伊集院とか)に、憧れたりはしますよね。

 

 

 

-読んだ本
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チョコレート・アンダーグラウン

読めばきっと、チョコレートが食べたくなる…。

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21/ひろゆき

インフルエンサーの本は、この手のものが増えていく。

遊びと精神医学―こころの全体性を求めて

遊びと精神医学―こころの全体性を求めて     第一部 遊びの精神医学的意義 第二部 吉本隆明との対話 第一章 遊び、芸術、精神医学 第二章 フロイト、ユング、そして人生 &nbs …

正倉院

やはり、「国家珍宝帳」。

トリックスターから、空へ

この本は、この項だけで価値があります。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング