Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

ブリッツ

投稿日:2017年1月17日 更新日:

ブリッツ (字幕版)

イギリス映画ということで、やはりハリウッドの感じとは違い、全体的に、「陰鬱」なんですよねw

犯罪の動機というか、全体の、人たちが抱えているものが「陰湿」というか。
いい意味でも悪い意味でも、「ロンドンてこういうところなのね」と想像させてくれる。

ジェイソン・ステイサムは相変わらず強いんですけど、なんというか、「天井知らずに強い」という感じではない。

他の作品は「特殊部隊とかで鍛えられてるからもう超人的に強い」っていう感じですけど、今回はロンドンの「半分腐敗したような」刑事。

そういう「権力をカサに着た強さ」がある。

そうそう、ハリウッドの映画と違うのは、「音楽が素晴らしい」っていうところ。
なんとなくアメリカは「クライムアクションはなんとなくラップ流しとけ」みたいなイメージというか、既成概念があるんですかね。

イギリス映画は、音楽がかっこいいんですよ。
劇中も、エンディングも。

 

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キングスマン: ゴールデン・サークル

麻薬王から世界を救うのが酒を売ってる組織、だというのも「イギリス流の皮肉」なんだろうか。

東京原発

東京原発

人の不幸で、メシを食う人ら。

教誨師

この映画のようにキリスト教だけでなく、仏教や神道などから選べる。

スティーブ・ジョブズ

アップルの凋落の始まり、となるのか…w

アトラクション 制圧

え、というか、じゃあ今ごろ東京は?NYは…?

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング