チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(字幕版)

ジョニーデップ屈指の駄作、と評されたという噂の映画。

まさに怪演。
でも「駄作」なんていうのは、ある一定の基準からしか見ていない、視野の狭い意見だと思う。単純に楽しい、深い意味を感じさせない快作だと思う。

俳優陣は豪華。
優雅な没落貴族、そして高価な絵画の世界。
ゴヤ、ゲーリング、MI5などの国際的な名前がどんどん出てきて、ロシア、イギリス、アメリカ、欧米を駆け巡る陰謀と策略、そして渦巻く欲望。

「もらいゲロ体質」が面白い。

 

Amazonプライムで見ました。