Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

運び屋

投稿日:

運び屋(字幕版)

原題は「The Mule」。
muleというのは、「ロバ」という意味と、「頑固者」という意味もあるらしい。

しかし運び屋ってそんなに儲かるのか…。
クリント・イーストウッドの「枯れ」の中にある憂愁。
繊細な題材、と言えるだろう。

誰にでも訪れるチャンスとは言えないけど、
これってチャンスなのか?

だってこれ、
犯罪組織の片棒担ぐ機会がなかったら、
このおじいさんは身勝手に家族を捨てた、ただの偏屈だ。

そして世の全てのそういうジジイは、
一人で死んでいく。

家族との絆を取り戻すのは、
「お金」なのか??

老境のダーティ・ハリーが訴えかける。
大いなる反省か、大胆な行動か。

「運び屋」で検索すると、「トランスポーター(ジェイソン・ステイサム)」も出てくるよ。

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!

-映画を見ても何も思わない猿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

13時間

13時間 ベンガジの秘密の兵士

日本では劇場公開されていない作品。

冷たい熱帯魚

埼玉愛犬家連続殺人事件をベースに作られた作品。

われらが背きし者

なぜあのヘリは爆発したのか。

キングスマン

グローバルな破壊者でありながら、「アメリカ人だから思いつくよねそういうこと」という、イギリス流の皮肉がたっぷり詰まっている。

追憶の森

追憶の森

エンディングに向かう様子は、感じ方、人それぞれあるでしょうね。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング