実は眠れない夜を経ている人は結構多い。

思えば「マシニスト」という映画の主人公は、「1年寝ていない」という設定だった。
実際に睡眠状態に1秒もなっていないわけではないだろうが、「寝られない」と本人が認識しているのだから、そのつらさは当然、精神と肉体を破壊していくだろう。

マシニスト

 

寝ることは命だ。

命を守るというより、寝ることじたいが生命そのものだ。
寝ないと死ぬ。死んだら寝れない。

寝ないで頑張る必要などどこにもない。
一生懸命頑張るなら、
「寝る時間を確保するために」頑張るべきだ。

寝る間を惜しんで頑張っても、
けっきょく早く死ぬ。

長寿だった水木しげる氏が、早逝した手塚治虫氏や石ノ森章太郎氏に、「徹夜ばっかりしてると早死にするよ。俺はよく寝ている」と言っていた、というのは有名な話だ。

寝ないで頑張る、は無理をしているだけ。
頑張っているとは言えない。

理由なく、眠れない人もいるだろう。
神経の問題だったりするし、脳のホルモンの問題だったりもする。
自分ではコントロールできず、処方された睡眠薬ばかりが増えて行く。

それで強くなりすぎた睡眠薬の効果に勝てず、
眠すぎて時間に起きられず、
遅刻して、いろんなことをしくじってしまう。

 

ダメなことはわかっているが、どうしようもない…

寝るのは習慣だから、
良い習慣をつけることが大事だ。
ワラをもつかむ気持ちになるかもしれないが、
「睡眠薬を過信しすぎる」のも、ダメなことだ。

「不眠症のプロ」ぶるのもやめろ。

最初は、こういうのを試してみていいと思う。
一週間だけ、試してみればいいと思う。
30日分で5900円。


本気で始めるなら、継続する方がいいみたいだ。

でも様子を見るならやはりまず、一ヶ月でいいだろう。→【NEMLINA(ネムリナ)】