Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

ミュージアム

投稿日:2017年12月16日 更新日:

ミュージアム

猟奇的な連続殺人。追う刑事。
裁判員裁判の存在までをも問う、といってもいいハードな内容。

激しいアクション、と激しい題材、が世界観を醸し出しているので、長いけど、迫力がある映像になっている。

エンディングも、含みのある、恐怖が続くかと思わせるような工夫がある。
自分なら、もしここまで極端ではなくとも、どちらを取る?と言う選択を迫られた時のことを、少しだけ想像させられる。

実際の日本の警察は、こんな猟奇的で挑戦的な容疑者を、ここまで野放しにはしていないなぁ、という頼もしさも感じた。

見せ方が素晴らしい映画。

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

天使のくれた時間

幸せってなんだっけ。

サンティネル

この先どうなるのか…余韻を残した終わり方、だった。

ジョン・ウィック

もしかするとこれは、「アクションを見せるための設定」に過ぎないのではないか。

ちはやふる-上の句-

「文系タッチ」。

SAFE/セイフ

「天才少女」の気丈さが、せめてもの救いか。

ハッピーメールバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ