Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

山口組三代目

投稿日:

山口組三代目

実名でヤクザの親分の映画をやってるんですからすごい時代です。
今とは違う。

主役が高倉健。
そこに菅原文太。

同じ年に亡くなってしまったが、この2大スターが競演していることだけでも、この映画の意気込みがわかる気がする。

なんでこんな、実名の伝記的映画が許されているかというと、当の三代目・田岡一雄氏の息子、田岡満氏がプロデューサーになっているだけでなく、当時の東映社長である岡田茂氏は三代目と兄弟分、みたいな感じだったらしい。

東映実録映画路線、とはいえ、「仁義なき戦い」っぽい感じではない。バタバタと血生臭くはなく、一本筋が通った侠客、という落ち着いたトーンになってる。興行的には、「仁義なき戦い」よりよかったらしい。

それにしても松尾嘉代がかわいい。

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランスフォーマー/最後の騎士王

それにしてもアメリカ人て、ほんとカーチェイス好きだな…。

嘘八百

何より、近藤正臣、芦屋小雁が素晴らしい。

オール・ユー・ニード・イズ・キル

女戦士リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)は、原作ではツンデレの美少女キャラクターなのだそうだ。

立川談志

映画 立川談志 ディレクターズ・カット

業とは?
肯定とは?

ダイハード4.0

いくらなんでも戦闘機がそこまで…という。

ハッピーメールバナー