民間軍事会社に所属する”ポープ”ことサンティアゴ・ガルシアは、ブラジル警察と共に麻薬王ロレアを追っていた。ある時、ポープはロレアが邸宅に多額の金を仕舞い込んでいることに気付き、かつて米軍陸軍特殊部隊に所属していた頃の仲間と共に強奪することを計画する。

あそこで、あの人が死ぬ…目的がいつの間にか変わってしまって、ただただ逃げる…そんな展開に、ハラハラさせられる。

けっきょく、トリプルなフロンティアというのは、どれとどれとどれのことだったのか…それを考えさせられるし、「6アンダーグラウンド」に引き続き、アドリア・アルホナが美しい。

この映画はネットフリックスのオリジナル。
見るのはこちら