Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

日本の首領 野望篇

投稿日:

日本の首領 野望篇

「やくざ戦争 日本の首領」の続編。

やくざ戦争 日本の首領

三船敏郎が主演することで、いや増して重厚度が上がっている。
それに比例して、権力の拡大した中島組組長・佐倉一誠(佐分利信)の重厚度もさらに上がっている。

ここに、暴力だけでなく関東への経済的な侵攻を強める中島組(モチーフは山口組)の策略がプラスされ、日本の高度成長期を横から眺める、みたいな錯覚に陥る。

あの、海外の大統領と見初められて連れて行かれる女性って、インドネシアのスカルノとデヴィ夫人のことなんじゃないの。

それにしても一作目と、同じ役者が前作で死なないまま、重要度を揃えて違う役名で出てくるので(菅原文太とか)、ちょっとややこしいww

「完結編」も見よう。

Amazonプライムで見ました。

-映画を見ても何も思わない猿
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブラックフット

Amazonの概要欄すらいい加減な感じに…w

実録外伝 大阪電撃作戦

事実だと山口組の三代目田岡一雄であり、「歌を歌ってくれや〜」と絡まれていた歌手は、田端義夫である。

流動体について

流動体についてについて

このジャケットは、あの名盤「球体の奏でる音楽」を彷彿とさせるデザイン、ですね。

紙の月

「偽物なんだから、壊れたっていい。壊したっていい。」

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン

「パッキン技術」って、相当なものだと思うんです。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング