やくざと芸能界 (講談社+α文庫)

「明大替え玉受験」のイメージしかない人、ひょっとして多いんじゃないだろうか。
実際は、黎明期から発展していく芸能界を、自らも活躍しながら大スターを観察し続けた、慧眼の人。なべおさみ。
親しみやすいキャラクラーとは裏腹に、後半の「日本文化論」への考察は見事。

そして、芸能界とヤクザが今より近かった時代、そして銀座や渋谷、日本全体が豊かになっていく時代を肌で感じて、戦った生き証人。

 

ここまで赤裸々に語られると、「いまさら…」と嫌がる大物もいるに違いないw

コミカルな演技と軽妙なセリフ回しで出演している作品が多い。

p.192、ナベプロの渡辺晋社長が「男の花道」として用意してくれた「主演映画」gが、これ。

『吹けば飛ぶよな男だが』(1968年)
吹けば飛ぶよな男だが

山田洋次監督。
もしこれがスーパー大ヒットになっていれば、「男はつらいよ」と並ぶ国民的映画になっていた…可能性は…ある…なんで大阪弁…なんだ…せっかくの江戸前育ちの氏の持ち味が…ww