交通事故の被害に遭ったら。

まず、最も大事なのは「やっぱり警察」だ。

警察官が来て現場検証し、話を当事者から聞く。
この時に話すことって、めちゃくちゃ大事。

どうすればいいのか。
今後、どうなるのか。

「警察を呼ぶ」。
これは、絶対。
ここを飛ばしては絶対にいけない。

たいしたことないから
傷もないし
怪我もしてないし

で、済ませてはいけない。

怪我をしてないから
車に傷がなかったから
穏便に済ませたいから

これらの理由と、「警察を呼ぶ」は関係がない。
事故が起こったら必ず警察を呼ばなければならない。

怪我とか傷とか故障とかとは関係ない。
「事故があった」という事実を、公務員たる警察官に認定してもらうこと。
これが大切。

「なかったこと」にしたいのは、犯罪者だけ。
そう言い切ってもいい。

だから「ここで有り金払うから、これで示談てことで」で済ましては、絶対にいけない。

すごい奴って、この世にはいるからwww

追突や衝突などで被害者になった場合、怪我や不具合は、「1ヶ月後に出てくる」ということがありえる。本当にある。

その時になんともなくても、
自分で判断してはいけない。

そんな判断が的確に出来るなら、
あなたはそこで、事故に巻き込まれたりはしていない。

「ここは事故が起こりそうだ」と回避できているはず。
だから、「医者に診てもらう」というプロセスを正式に経るためにも、
警察による見聞は絶対。

警察は記録に残している。
当事者同士の、曖昧な記憶だけでなんとかしようとしてはいけない。

警察は事故状況を見て、原因を聴取する。

そのあと、それぞれが加入している保険会社との話になる。

 

被害者:加害者の過失が「0:100」の場合。

被害者の保険会社に出番はない。
被害者は保険を使わないから、関係ないのだ。

加害者の加入している保険会社だけが活躍することになる。

加害者の保険会社から、被害者に連絡がくる。

この際に「被害者様の保険会社はどちらでしょうか?」と聞かれたら、これは
加害者が「0:100に不服を持っている」ことを表す。

保険会社vs保険会社の戦いに持ち込もうとしている、ということだ。
「0:100」なら、片方の保険会社は蚊帳の外、で済む。

これは「30:70」からだと、双方の保険を使うことになる。

医者に行き、診断書をもらう。
簡単な事故で「物損扱い」と警察署が処理しても、
この「医療機関による診断書」を警察が受理すると、「人身事故」に扱いが切り替わる。

そうなると、加害者に行政処分が下ることになる。
免停とか、免許取り消しとか。

物損事故の場合だと、そこまでのことにはならない。

被害者側に「そこまでの処罰感情はない」のであれば、診断書は警察に提出しなくても良い。
保険会社からの補償には、なんら変わりがないからだ。

「とにかく俺は被害者だ。あいつを許せない」と思うなら、やればいい。

だけど事故って、場合にもよるけど「みんな不幸」っていうパターンがある。
明らかな危険行為と自分勝手な「そりゃ事故起こってもしょうがないぞ」っていう馬鹿野郎でないかぎり、事故って「不運」だ。

当たられた方はもちろん、
当たった方だって、オロオロする。

どちらかというと軽微な事故現場では、被害者の方が冷静だったりして、警察呼んだりするのは被害者がささっと済ましてしまったりする。

加害者は案外、呆然としてしまって、
これからのことが頭を駆け巡ったりしてて、
適切な行動に移れなかったりするものだ。

だから、まずは「軽微であった」ことを喜びつつ、
保険会社にかけている掛け金をありがたがり、
それを使うことで、現状を回復する。

加害者は被害者に、手厚く謝罪する。
被害者は、互いに不運だったことを加害者と共有する。

これで良いのだと思う。

だからと言って「警察を呼ばずに和解する」は絶対にダメだ。

事実をナシにして、
自分の落とし前でなんとか出来ることではないのだ。
何かあったら、絶対に自分では処理できない。

数日経って、「こちらが被害者だ」とネジこんで来られたら、コワモテの方が勝つ。
そんなことにならないように、警察は必ず呼ぼう。

そして、保険を使うと、治療費および慰謝料として、最大4200円/1日が支払われるのだそうだ。

少し面倒だが、リハビリと、普段のコリやほぐしだと思って、通えばいいだろう。

保険会社はそのためにある。
保険は、そのためにかけている。

明日は我が身だ。

どうしようもなくモメそうなら、
そりゃ法律の専門家に委ねるしかないけど。