スパイダーマン:スパイダーバース (吹替版)

スパイダーマン、死す―― スパイダーマンことピーター・パーカーの突然の訃報により、ニューヨーク市民は悲しみに包まれる。13歳のマイルス・モラレスもその一人――彼こそがピーターの後を継ぐ“新生スパイダーマン”だが、その力を未だに上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により歪められた時空から集められたのは、スパイダー・グウェン、スパイダーマン・ノワール、スパイダー・ハム、そしてペニー・パーカーと彼女が操るパワードスーツ。彼らは全く別の次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマン達だった。

もはや日本でいう「昔話」級に認知度が高いスパイダーマンだからこそ出来る、別次元からの助っ人との冒険譚。

痛快で、明るく激しい映像。

アニメ、と言い切ってしまえるのかどうか…と思うほどの、「漫画が動いている」感覚がある。

次元をいじる、となるとかなりの歪み、弊害は大きいだろうに、その他の影響はあまり出てないみたいで微笑ましい。

黒人の少年が主人公で、英雄になっていく。
誰でもヒーローになれる、というメッセージ。

エンディングの映像も素晴らしい。

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!