Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

コンフィデンスマンJP ロマンス編

投稿日:

コンフィデンスマンJP ロマンス編

華麗に大胆に人を騙し続ける百戦錬磨のコンフィデンスマン(=信用詐欺師)、ダー子、ボクちゃん、リチャード、そして五十嵐。次なるオサカナ(=ターゲット)は、香港マフィアの女帝で、その冷酷さから<氷姫>という異名を持つラン・リウ。彼女が持つと言われている伝説のパープルダイヤを狙って、3人は香港へ。ランに取り入ろうと様々な策を講じるが、なかなかエサに食いつかず苦戦する。そんな中、天才詐欺師ジェシーが現れ、同じくランを狙っていることがわかる。そして、以前ダー子たちに騙され恨みを持つ日本のヤクザ・赤星の影もちらつき始め、事態は予測不可能な展開に。騙し騙されの三つ巴の戦いを制するのは誰なのか!?

この手の、割と上滑りなタレントドラマの延長…な映画の中では、
テンションを保っていて、面白く見れると思う。

そこには二面性がある。
「知ってる顔ばかり」という点。

見慣れた俳優ばかりが出てくるから安心感があるというところと、
キャスティングそのものがストーリーを語ってしまうというマイナス点。
茶番を楽しめる、日本ドラマに慣れた人は興奮するであろう、クオリティがある。

どんでん返しが楽しい。
香港が舞台だけど、そこは「円建てなのね?」というところもあるが、
長澤まさみの魅力がぞんぶんに味わえる、ヒットシリーズだ。

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!

 

 

 

-映画を見ても何も思わない猿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

パシフィック・リム

「壁」を作るのを、あの巨大ロボで作れば、機能的にも簡素化できるし、早く、頑丈なものが作れると思うんだけど…。

LAMB/ラム

「それが何か」を突然、知らされることになる。

ソロモンの偽証

「中2病」とはいわゆる、「限られた情報で世界を内側に構築してしまう」ことを言うのではないだろうか。

なんでも鑑定団のプライスってなんの値段!?

福沢朗さんが後任となるそうです。

ダークタワー

そして主役の少年、トム・テイラーが素晴らしい。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング