Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

In Time

投稿日:

In Time (字幕版)

原題はそのまま「In Time」なんだけど、日本での公開時には「TIME/タイム」になってたみたい。
「TIME」だと単に「時間」っていう感じだけど、「In Time」だと「時間内に」っていう感じだから、より、内容をあらわしてる。

わかりやすくしたつもりなんだろうけど、わかりにくくなってる。

この世界観は、未来なのか?
現実との接点がまるでない(例えばNYとかの地名が出てこない)ので、はるか未来の地球、なのか、またはまったく別の惑星での話なのか。

「体制」として時間が支配する、というくらいになっている社会で、ぜんぜん普通に銃で撃ち合いしてたりして、ちょっと細部への設定のずさんさが際立ってしまってて、見ているとだんだん「そう、なる、かな??」みたいな気持ちになってくる。

こんなもの、なんで暴動がもっと起きないんだろう、と思うし、遺伝子操作で寿命に変化をきたすことができるなら、時間を支配するより遺伝子操作そのものを支配した方が体制は維持しやすいはずだ、とか思ってしまう。

いやいや、それよりも、シルビア(アマンダ・サイフリッド)が魅力的すぎて、内容が入ってこないのだww

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クロッシング

単純に、「日本でよかったぁ〜」と思える。

ザ・ウォール

狙撃手が潜む場所に、まるでホラー映画のように引きずり込まれる米兵たち。

川の底からこんにちは

2012年に亡くなってしまう牧野エミさんが好演している。

16ブロック

粗暴にして陰湿、というか。

日本の首領 野望篇

三船敏郎が主演することで、いや増して重厚度が上がっている。

ハッピーメールバナー