Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

グリーンブック

投稿日:

グリーンブック(吹替版)

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

とても良い映画だった。

しっかりと抑えられ、語られ、響かせている。

60年代のアメリカ、しかも南部ともなれば、黒人差別が「当たり前」の時代。
いくら先進的な人でも、「自分が白人であるならば、黒人は虐げてもいい」と無邪気に信じて良い時代。

そんな中、実在のピアニスト、ドク・シャーリーは、あえて南部へ演奏旅行に出る。

それが持つ意味とは。
そして戦いとは。
勝利とは。

トニー役のヴィゴ・モーテンセンはこの撮影のために、「かなり無理に太った」らしい。役作りは功を奏して、少し粗暴だが優しい男を表現している。

良い映画だ。

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!

-映画、どんどん見ていくよ!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一命

一命

「武士とは」というロジックは、「なんで?ホワイ?なんでそこでそうなるの?」という、奇怪な思考回路にしか思われないでしょう。

ダイハード4.0

いくらなんでも戦闘機がそこまで…という。

真田幸村の謀略

「史実と違う」的なことを書いて★1つをつけてるバカがAmazonのカスタマーレビューいるんだがw、こんな楽しい時代劇があるだろうか。

キングスマン: ゴールデン・サークル

麻薬王から世界を救うのが酒を売ってる組織、だというのも「イギリス流の皮肉」なんだろうか。

新宿スワン

沢尻エリカがどうしようもなく可愛い。

PREV
NEXT
教誨師

ハッピーメールバナー