Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

ハンターキラー 潜航せよ

投稿日:

ハンターキラー 潜航せよ

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが……。世界の運命は、一隻の潜水艦に託された――。

 

ロシアの政情、不穏すぎww

ギリギリすぎるまさに水際の攻防で、なんとか救出・脱出はしたものの犠牲もあって、本当にそれってがっちり握手&拍手で終わっていいことなの?っていう感じも残る。

クーデターを起こした国防大臣、そしてそれに従った軍人があんな風に木っ端微塵になって「解決!!」っていうのはあまりにも豪快すぎる。

「エンド・オブ」シリーズ連なるような、ジェラルド・バトラーのマッチョな魅力。

しかし名優ゲーリー・オールドマンがなぜこんな中途半端な統合参謀長役をやってるのかは謎に感じる。

決めるところもないし、鬱陶しいくらいの悪役でもない。
あのロシアの国防大臣役だったら見所がもっと増えたのかもしれない。

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!

-映画、どんどん見ていくよ!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

トリプル・フロンティア

あそこで、あの人が死ぬ…目的がいつの間にか変わってしまって、ただただ逃げる…そんな展開に、ハラハラさせられる。

はてなの茶碗

なにせ、ほんの5秒ほどでも「帝」を演じなければならない。

チア★ダン

優勝とかすると、部員って一気に増えるよね。

バクマン。

漫画に凝縮される、日本文化の粋が、映画という形で情熱をほとばしらせる。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

この映画の要は音楽。そう言い切っていいかもしれませんね。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング