Where Are We Now?(adb)

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

エルヴィス

投稿日:

 

人気絶頂で謎の死を遂げたスーパースター、エルヴィス・プレスリー。彼が禁断の音楽“ロック”を生んだライブの日から世界は一変した。型破りに逆境を打ち破る伝説と、裏側の危ない実話。彼を殺したのは誰なのか?

 

荒れ狂う荒野が、ひとりの若き才能を受け止めた。彼の名はエルビス・プレスリー。その天性の歌声は、砂漠の彼方から遠く流れてきたブルースやゴスペル、カントリーの影響を受け、独自の響きを生み出す。彼の音楽は、時代の風潮に逆らうかのように、新たな時代を切り開いた。

映画『エルビス』は、彼がまだ伝説になる前の、その輝かしい軌跡を描いた感動作である。彼の苦難と栄光、恋と友情、そして音楽への情熱が、全編を通じて胸を打つ。

若きエルビスを演じたオースティン・バトラーは、彼の独特な動きや表情を見事に再現し、彼の魅力に満ちた人物像を見事に演じきった。また、監督のバズ・ラーマンが、緻密かつ情熱的な演出で彼の人生を描き出し、音楽シーンにおいては独自の映像美を追求した。

音楽が彼にとっての全てであったことが、本作において特に強調される。その情熱と才能が、まるで熱狂的な炎のように、聴衆の心を燃やしていく。エルビスが歌い上げる「ブルー・ムーン」や「ハートブレイク・ホテル」、「ハウンド・ドッグ」の名曲は、映画の中でより一層、深みを増して響く。

彼の人生は、若くして天才的な音楽家として頂点に立ち、やがては人間の苦悩と戦いながらも、未だ見ぬ世代に新しい音楽の形を提供し続けた。その音楽は今もなお、彼が亡くなってから数十年を経ても、数多くの人々の心を動かし続けている。彼の人生を描いた本作は、そんな彼の音楽の力強さを再認識させ、彼がもたらした革新的な音楽の形を再評価する素晴らしい作品である。

なによりも、この映画は、エルビス・プレスリーの魂を体現している。彼の音楽、彼のパフォーマンス、そして彼自身の複雑な人間性が、この映画によって昇華されている。

エルビスは、若い頃から音楽への情熱に駆られ、自分自身を表現するために歌い、踊り、演奏した。その情熱と才能は、やがて世界中に知られることとなり、彼は音楽の歴史に大きな足跡を残した。

しかし、彼の成功の裏には、孤独や葛藤、そして悲しみがあった。彼の母親の死、軍隊への徴兵、そして長年にわたる薬物依存症といった、彼自身が抱えた問題は、彼の音楽とパフォーマンスにも影響を与えた。

この映画は、そんなエルビスの人間性を、鮮やかな映像と音楽で描き出している。彼の若き日の情熱的な演奏、ラスベガスでの大舞台でのパフォーマンス、そして彼が抱えた孤独や葛藤といった感情が、見事に表現されている。

また、この映画は、エルビスと彼を取り巻く人々の関係性にも注目している。彼のマネージャーやファン、そして恋人たちとの交流が、彼の音楽に大きな影響を与えたことが示されている。

そして、エルビスの死に至るまでの様子も、映画は描き出している。彼の健康状態の悪化や、周囲の人々の心配といった情報が、映画の中で語られ、彼の死を悼むシーンに繋がっていく。

全体的に、この映画は、エルビス・プレスリーという偉大な音楽家の人間性と才能を、美しい映像と音楽で描き出した傑作である。音楽ファンはもちろんのこと、エルビスについて知りたいと思っている人にも、強くおすすめしたい作品である。

 
・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!


 

-映画を見ても何も思わない猿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイトル、拒絶

しかし人それぞれに、重さの感じ方は違う。

バクマン。

漫画に凝縮される、日本文化の粋が、映画という形で情熱をほとばしらせる。

スターライト スターライト

そしてすっかり忘れてしまっているが、太陽光線も実は「スターライト」だよ。

バンク・ジョブ

バンク・ジョブ

…というか、ミック・ジャガー出てない!!???

ルーシー

地球が、宇宙が、記憶の集合体だとしたら。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング