Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

LAMB/ラム

投稿日:

羊から産まれたのは、羊ではない“何か”——山間に住む羊飼いの夫婦イングヴァルとマリア。ある日、二人が羊の出産に立ち会うと、羊ではない何かが産まれてくる。子供を亡くしていた二人は、”アダ”と名付けその存在を育てることにする。奇跡がもたらした”アダ”との家族生活は大きな幸せをもたらすのだが、やがて彼らを破滅へと導いていく—。

 

それは、羊ではない何か。

そう言われたら、そうなるしかないなとは思いつつ、あまりにも平坦に進む情景が連続するので、つい、「それがなんだったか」を真剣に考えるのをやめてしまう。

やめてしばらくして、
人間同士の関係性に気を取られているうちに、

「それが何か」を突然、知らされることになる。

「陸の孤島」と言ってもいい隔絶した環境で、
幸せの形を探す自由な夫婦にとって、
ファンタジーとも言い切れないような恐怖と悲哀がのしかかる。

そりゃ、ラストシーンはそうでもしなきゃ、終われないよな…と思わされた。

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!

-映画を見ても何も思わない猿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京原発

東京原発

人の不幸で、メシを食う人ら。

キングスマン: ゴールデン・サークル

麻薬王から世界を救うのが酒を売ってる組織、だというのも「イギリス流の皮肉」なんだろうか。

SING

SING

吹き替え陣の豪華さ。

アドレナリン

「犯罪版・薬物版の『スピード』???

エリジウム

あと100数十年か…格差社会が極まると、こうなってしまうのか…というほどの二極化。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング