管理栄養士と美容皮膚科医共同開発【7daysカラースムージー】100円モニター

三国志/第ニ巻「究極の逆算を始める関羽ちゃん」

第二巻は、劉備張飛関羽の三傑が、

それでもまだまだコキ使われまくるシーンで埋められています。

それでも超人的な活躍をする張飛関羽
ヒゲ将軍コンビのお陰で、評判は上々。

身分社会における「ただ強いだけのヤツ」というのは暴れん坊の荒戎(あらえびす)、
力で押しまくるパワー属性野郎として蔑まれる傾向にある。

一番エラいのは、武力に優れた人ではないんですね。

儒教社会において、
学問を修めて自らは闘わないのが最も立派であって、
自分で槍をかついで人を殺すというようなものは

野蛮で卑しい身分であると。

悔しい張飛がんばったのに認めてもらえず、ブチギレる張飛。

 

この差別意識は後に、日本にも輸入されるわけですが。

前回も書いた通り、この時代、日本卑弥呼です。

 

この「卑弥呼」、もちろん「魏志倭人伝」の「東夷伝」に
出て来る記述ですから、
日本の書き方ではないですね。

いみじくも先ほど、「卑しい」と書いた

そのまんまの文字が使われている。

周辺諸国を一段も二段も蔑んでみている「中華思想」のなせるワザですが、

そのころの日本にはそれに対抗する

文明はなかった。文字もない。

 

 

さて、

黄巾賊の乱との戦いに明け暮れる第二巻ですが、

この黄巾賊の乱とて、

漢朝の政治の乱れが原因で起こっています。

というか中央集権国家が連綿と続く大陸の歴史で、

政治の腐敗というか朝廷の悪政のない時代

なんてあったんでしょうか。

黄巾賊を退治してくれる!と立ち上がった劉備たちですが、

その黄巾賊だって、「漢朝は腐っておる!」という強い自覚を持ち、

さらにそれに同意する多くの人々がいたから

成り立ったんでしょう。

そう考えると、やはり中国大陸で、うまく全体を政治的に治めるのは

やはり不可能なのではないだろうか、と思わざるを得なくなってきます。

 

 

とにかく人口が多すぎ、

領土が広すぎ、

 

それに加えて野望もつヤツ育ちすぎ。

モメ続けるのも当然ですね。

 

 

引き寄せて考えてみても、

現在の中華人民共和国、まとまってまだ70年ていどです。

戦乱と虐殺の歴史なら4000年続いている中国大陸で、

今後どんなモメ事が起こるんでしょうか。

しかし中国は今も共産党一党独裁。

民族の記憶に、中央集権が染み付いているんですね。

日本とは違うなぁ。

究極の逆算をする関羽

歴史上、これより壮大な逆算があっただろうかwww

蜀皇帝への道をハッキリ智覚する関羽。

 

 

 

 

 

一騎当千Dragon Destiny 関羽雲長 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
アルター (2010-04-03)
売り上げランキング: 33,174

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ