ダッカの襲撃事件は、「一段階上がった」とも言われているようです。http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160703-00000407-fnn-int

 

そういえば、サウジとイランが断交した、というニュースもありましたが。
http://mainichi.jp/articles/20160106/ddm/002/030/052000c

テロリストにしては「国」を名乗る集団に、違和感を持っている人も多いでしょう。
どこが国なんだ、と。

しかし、彼らは本気です。
彼らイスラム国の台頭はエジプトから始まった「アラブの春」。

日本の識者が喜んで持ち上げていた「フェイスブックでつながった若者たちが行動を起こした」ところから始まっています。

政権が倒れたことによって、国の辺境に、中央の軍事力が及ばなくなって、国境地域に空白が出来た。

そこを利用して拡大したのがイスラム国だった、ということですね。

 

彼らは、イスラム法の厳格さを保持し、それはわれわれからすると苛烈で危険な行動を含むけれど、昔ながらの世に戻すのだ、という一定のメッセージは、やはりイスラム世界において、共感を得られるものであると言わざるをえない。

今回も、ラマダン(断食月)前に、攻撃をやれ、という声明が出ていたそうです。

 

大きな思想を共有しているだけで、組織には属していない形で起こるテロも、今後は増えるものと思われますし、「グローバルジハード」を標榜しているだけに、アジア各国もその標的にならないとは限らない。

組織だっての統率されたテロなら優先順位や破壊の規模も考慮されるだろうけど、
思想だけ共鳴している個人が起こすテロは、場所や規模を選ばないでしょう。

 

個人的な恨み、とかもそこに足されるから。

日本ではテロはない、と言われてきたけど、個人的な差別に耐えかねて、というのがプラスされて、今後は起こり得る可能性もある。
日本の陰湿な、閉鎖的な差別感情はどこにでもあるから、「ローンウルフ型」のテロに狙われるのは、東京などの都市部だけとは限りません。

 

 

この本、世界で大きなテロ事件やイスラム国が話題になるたびに欠品ぎみになる、わかりやすく基本と沿革をふまえた良書です。

特に、イスラム国が持っている、2000年からつづく大きな流れ。

まさに、書いてある通りに進んでます((;゚Д゚)ガクガクブルブル

 

この先どういう展開が待っているのか、おぼろげながらわかる気がします。

それを考えると同じテロリストでも、オウム真理教は幼稚で、どうしようもないガキ集団だったなぁ、と思わされます。

 

欧米だけでなく、逼迫した個人を救う形で、厳格で苛烈なイスラムに引き寄せられる若者が、今後も増加しないとは限りません。

やはり大宗教として、その法理にはまさに「理」があるからです。
われわれの習慣には馴染めない、としても。

 

 

複雑なアラブ世界。

決して中東vsイスラエル、なんていう単純な図式ではありません。
スンニ派とシーア派の対立も大きい。

本書には書いていませんが、どうやら2020年、東京オリンピックは、狙われるかっこうの標的になると、本気で言わざるをえませんね。

 

 

楽天でも入手可能です。