スティーブ・ジョブズ(字幕版)

主役のアシュトン・カッチャー、歩き方まで似てます。
冒頭のプレゼンテーションは、まさに本人かと見まごうばかり。

奇人、変人と言われたジョブズの美化…とも言えない、人物像の描写。

アメリカの、あの「ガレージから始まる感じ」にわくわくはすれど、
やっぱり「す〜ぐビジネスにするんだから〜」みたいなスピード感は、
日本人には馴染めないのかもしれませんねえ。

一時、

なぜ、日本でiPhoneやジョブズが生まれないのか

みたいな言説が多く流布していましたけど、

それは「アメリカじゃないから」というだけじゃないかと。

単純に、ではなく、

風土とか、
伝統とか、
悪癖とか、
そういうのをひっくるめて。

「なぜ生まれないのか」という主張のテーマは、
日本では、「出る杭は打たれるから」に他なりません。

アップルについてのぼんやりとした知識だと、え、ジョブズがアップルのすごい人だとは知ってたけど、アップルの創業者なんだ…?

っていう人もいるはず。

 

そんな創業者でも、

 

「なんだお前は。」

と、追い出されてしまう。
アメリカすげえ。

「出る杭」じゃなくて「生えてた根」ですら抜こうとする世界。

それはもちろん、ガレージで細々とやってれば追い出されなかったけど、
大きくなったアップルでは取締役会がそれを許さない。

創業者の言葉、や立志伝が有名になり神格化される、
というのは、日本人としては松下幸之助や本田宗一郎で経験しています。

アップルが世界一の企業になったところで、物語は終わりますが、

 

このあと、

冒頭へ戻り、

iPod→iPhone

そして伝説へ→

という流れ。

変人と思われることを恐れるな!
という、今も無言のメッセージを全世界に送り続けていると思えるスティーブ・ジョブズ。

わざわざ、あのガレージの頃に手伝っていた仲間に

「株式を渡さない」という決断をするシーンを入れたのには、
彼の人間性や人生哲学を表わすのに必要性があった、からなんでしょうか。

 

そしてジョブズが生きているときに、

「そんなものは絶対に出すなボケ!!」

と言ってたと言われる

『Apple Pencil』が発売になるとか。

http://japanese.engadget.com/2015/09/09/ipad-pro-apple-pencil-lightning/

アップルの凋落の始まり、となるのか…w