Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

感覚を疑え!

記念日の新聞をホニャララ

投稿日:2014年4月27日 更新日:

062201

そう言えば知り合いの披露宴に参席したさい、

その日の、地方新聞というのが各席に配られており

「え?この披露宴ってそんなに待ち時間あるの??しかも新聞?雑誌じゃなくて…!?」
とひきつりかけた瞬間、係の方がやってきて
「お二人の記念ということで、掲載されております」
とおっしゃられたので該当箇所を見てみると、
小さいながらもしっかりと、幸せそうなお二人の記事が載っておるではないですか。

なんとまぁ新聞サービスもやりますね。

部数を稼ぎますね。全列席者に配られるだけでもなかなかの

それが数組×毎日、となるとなかなかの

 

そして素直に、いい記念になるなぁ、とも思いつつも、
逆にその他の記事がなかなかの億劫なサイズ感で荷物内で幅をきかしてきたことを思い出します。

お幸せに。

 

記念日を工夫して記憶に、そして記憶に残すサービスというのは、

他にもあるようですな。

またもや新聞ですけど。

こういうの。

スポーツ新聞.com
 

 

 

こういうのも。
ウェディング新聞は新郎新婦からお客様にプロフィールを紹介するペーパーアイテムです。

-感覚を疑え!
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

卍(まんじ)がナチスだという外国人は訴えてやれw

バカにするにもほどがある。

国会議員に踏み絵を踏ませる機会

エラそうにしていても国会議員の先生方は、こんなことくらいも決められない。

スピってる人たちの行く末と、かりそめの活躍

「論拠」がないと、「反論」できない。

皮肉を理解して次のステップへ進もう!

ファンは、いつでもファンを辞められるから。

グリーン車炎上騒動は正義の衝突だっただけ

決して、こういう状態のことではありません。

ハッピーメールバナー
ブログランキング・にほんブログ村へ