ゴジラの逆襲 [60周年記念版] [DVD]

今度は大阪。

アンギラスと戦うゴジラ。
大阪城をぶち壊し、「なんでそこやねん」という場所で暴れます。

市街地は火の海。

やはり、第1作「ゴジラ」のエンディングで博士が予言した通り、ゴジラは1頭だけではなかったんですね。

2頭以上いるっていうことは、繁殖してるってことか。
そりゃそうですよね。

2016年に公開の「シン・ゴジラ」には、サイドストーリーというものが存在しない。

主人公らの恋愛とか、悲しむ庶民の絆とか、心に闇を抱えたトラウマたっぷりの人物とかが出て来ない。

 

この「ゴジラの逆襲」には「冗談を言い合う」みたいなシーンがあって。
小林桂樹さんを中心に、「一本取られたな」的な、「おやおや」的な、現代のドラマなどあらゆる演技では見ることのできないやりとりが見れる。

というか、延々とサイドストーリーwww

ほとんど何の理屈もなく、「水爆の落とし子」という説明でゴジラを理解するのは無理があると思うんですが、海の神秘さと、核の脅威と、アメリカへの複雑な思いが、怪獣となって日本を壊す。

この錯綜した思いが、ゴジラを人気シリーズへ押し上げていったのかもしれません。

というか、割と延々とサイドストーリーwww

「日常を破壊する存在」としてのゴジラを描くためには、必要な描写なのでしょう。

 

そしてまたもや。

意外な作戦でゴジラは殺されようとします。
もう「オキシジェンデストロイヤー」はないし(初作で出てきたものすごい化学薬品)。

 

この作品、はっきり言って別にどこも「逆襲」じゃないんですが、この「逆襲」という言葉にも、日本の、敗戦に対する思い、みたいなのが隠されているのかもしれませんね。

「爆弾でやっつける」「ロケット弾を発射する」というような用語もそうです。

その対象はゴジラだけど、暗にアメリカを指していると言えなくもない。

 

そういう時代の匂いが、まだまだする映画です。
当時の「特撮」のワクワク感も、じゅうぶん味わえますね。

 

Huluで観ました。
Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中