Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

世界の辺境とハードボイルド室町時代

投稿日:

世界の辺境とハードボイルド室町時代

室町時代の日本と、混迷するソマリアには恐ろしいほどの共通点が…。
日本は「和の精神」でなんとなく秩序だった社会だった…と思いたい我々と、アフリカのカオスを引き合いにそれを崩していく両者。

そのまま1000年経てばアフリカも日本のように、とはならない世界観。

宗教や土地感覚が政治にまで及び、「○○な国」とひとくくりにもできない実情を知る者こそが語る、ものすごい重み。

タイが、「微笑みの国」である理由が、実体験に基づいて書いてあって、ああ、そうなのか…と納得。

 

謎の独立国家ソマリランド
高野 秀行
本の雑誌社
売り上げランキング: 60,313

-読んだ本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

珍妃の井戸

謎に包まれた大国・清の崩壊。

徳川将軍家 十五代のカルテ

徳川将軍家 十五代のカルテ

やはり注目は五代・綱吉でしょうね。

無敵の思考 ――誰でもトクする人になれるコスパ最強のルール21/ひろゆき

インフルエンサーの本は、この手のものが増えていく。

さいごの色街 飛田

さいごの色街 飛田

著者はあとがきで、「冷やかしで行くのはやめてもらいたい」と明言している。

荒神

庵野秀明氏とともに『シン・ゴジラ』の監督であった樋口真嗣氏の解説に、全て書いてある。

ハッピーメールバナー