Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

われらが背きし者

投稿日:2018年6月22日 更新日:

われらが背きし者(字幕版)

原題は『Our Kind of Traitor』。
ステラン・スカルスガルド(ディマ役)が渋い。

なぜあのヘリは爆発したのか。
ディマが自裁して、家族を守りやすい条件を作った、と考えるのが妥当か。

劇では描かれないがやはりあの因縁の拳銃に込めたメッセージで、形勢はひっくり返って行くのだろうか。

邦題は深い。

「われらが背きし者」の、「われら」とは一体誰から、誰までを指すのか。

そして背きし者とは。

騙し騙され、でもその元のお金も「血の金」だったりするし、政治の裏で暗躍する秘密組織とマフィアの戦い。

やっぱり、物語を強引に引っ張るのは暗愚な者なのだなぁ、とも思える一瞬があった。

Amazonプライムで見ました。

-映画を見ても何も思わない猿
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

フェイクシティ ある男のルール

そこには人種問題も複雑に絡んでいて、尽きることのない緊迫感を生んでいる。

ザ・シューター/極大射程

退役後、あれだけワイルドな隠遁な生活を続けてて、射撃やそれを支える調査の腕が1ミリも落ちていないってどんだけすごいんだ…。

バクマン。

漫画に凝縮される、日本文化の粋が、映画という形で情熱をほとばしらせる。

In Time

シルビア(アマンダ・サイフリッド)が魅力的すぎて、内容が入ってこないのだww

サベージ・キングダム

サベージ・キングダム

題して「残酷の王国」。

読まれている記事ランキング

まだデータがありません。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング