Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

われらが背きし者

投稿日:2018年6月22日 更新日:

われらが背きし者(字幕版)

原題は『Our Kind of Traitor』。
ステラン・スカルスガルド(ディマ役)が渋い。

なぜあのヘリは爆発したのか。
ディマが自裁して、家族を守りやすい条件を作った、と考えるのが妥当か。

劇では描かれないがやはりあの因縁の拳銃に込めたメッセージで、形勢はひっくり返って行くのだろうか。

邦題は深い。

「われらが背きし者」の、「われら」とは一体誰から、誰までを指すのか。

そして背きし者とは。

騙し騙され、でもその元のお金も「血の金」だったりするし、政治の裏で暗躍する秘密組織とマフィアの戦い。

やっぱり、物語を強引に引っ張るのは暗愚な者なのだなぁ、とも思える一瞬があった。

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

皆殺しの流儀

皆殺しの流儀

原題は「WE STILL KILL THE OLD WAY」。

タイタンの逆襲

タイタンの逆襲

いや、でも、「ゼウス」ですよ?
老いたりとはいえ「全能の神・ゼウス」ですよ?

グリーンブック

とても良い映画だった。

50回目のファーストキス

とてもいい話で、常夏のハワイだからこそ、日付に関係なく「今日も同じ日を繰り返す」、が可能だという設定だ。

サメの生態 TOP10

あの珍妙な、奇怪な形状をしたハンマーヘッドシャーク、シュモクザメが、10位だと!?

ハッピーメールバナー