Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

プライドが高くて迷惑な人たち

投稿日:2018年6月23日 更新日:

プライドが高くて迷惑な人 (PHP新書)

プライドは、あった方が良いのか?

高いのはダメでも、低いのはいいのか?

どうしようもないような、
「厄介な困ったちゃん」は実際、たくさんいる。

嫌な奴なら離れれば良いが、
仕事の同僚、上司ならそうもいかない。

無自覚な「プライドだけ無駄に高い人」に、どう対処すれば良いか。

それを具体的な事例を用いて、丁寧に説明してくれる良書。

そして「自分はどうか??」のチェックにも使えるのが素晴らしい。

中でも「幼少期の万能感」についての考察は、どんな人を観察する上でも役に立つ。もちろん、自分を含めて。

著者のヒットした前作は、これだった。

-読んだ本
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

昭和芸能史 傑物列伝

昭和芸能史 傑物列伝

戦前〜戦後、つまり昭和を輝かせた、または輝いた理由、社会が求めたスターの姿。

遊びと精神医学―こころの全体性を求めて

遊びと精神医学―こころの全体性を求めて     第一部 遊びの精神医学的意義 第二部 吉本隆明との対話 第一章 遊び、芸術、精神医学 第二章 フロイト、ユング、そして人生 &nbs …

氷室京介ソロデビュー25周年

「100の質問」が、とてもおもしろい。

タモリ論

この著書は2013年に上梓されたものなので、刊行時点では著者も読者も、2014年(平成26年)の「笑っていいとも!」終了を知らない。

マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女

堕落と悔悟、その二面性を表現するアイコンとして、敬虔を惹起する女。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング