本能寺ホテル

・アラスジ

倉本繭子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルだった。一方、時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、見慣れない格好の女(繭子)が一人、寺に迷い込んでくる。その女は、400年後の世界からやってきた現代人。繭子は自身も訳のわからぬまま、信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき――。

 

・良かったトコロ

綾瀬はるかは神。何をやっても、そういう行動とりそう…とか思えてきて、違和感しかない設定の中に、逆の違和感で中和効果をもたらしている。

終始あっさりした服装で、普通のOL(失職中)を、軽やかに演じている。

・印象に強く残ったセリフ

「まこと、痛みが引いてゆく…」

 

・こんな人は観るベシ

歴史好きには「そんな感じじゃないだろ…」と鼻白むところもあるけれど、京都の神秘とか、単純に綾瀬はるか綺麗!と思いたい人にはうってつけ。

 

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!