Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

クーデター

投稿日:

クーデター(字幕版)

緊張感が、ずーっと続く、なんというか、「しんどくなる」映画ですね。
それだけ、なんだか政情不安な国にいる、臨場感がある。

どこの国、とは特定されてはいないものの、東南アジア諸国において、ひょっとして明日にでも本当に起こりかねない国はある、という感じ。

「巻き込まれた主人公ファミリー」という始まり方ではあるけれど、実は、真っ只中の当事者のうちの一人である、という現実を突きつけられる。

なんでまたそんな役に元・ジェームズボンドを…と最初は思いましたが、ああ、そういう…っていうねw

この緊張感、「ちょっとソファでゆっくりくつろぐか…」という時に観る映画ではないな、と思いました。

Amazonプライムで見ました。

-映画、どんどん見ていくよ!
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

珍遊記

珍遊記

「実写化」とは、なんのためになされるのか、を改めて考えさせられる、哲学的な作品。

山崎真美

電人ザボーガー

主役は山崎真美さんではないでしょうかw

嘘八百

何より、近藤正臣、芦屋小雁が素晴らしい。

おっぱいバレー

仲村トオル(生徒のお父さん役)の、最後の方の場面の、一瞬の目線が気になった。

KATE

それにしてもあの状態で、よく立っていられるな…。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング