三国志 (22) 初陣の孔明

 

諸葛亮孔明を招聘し、世話になっている荊州に恩義を感じ、守る玄徳。

曹操が南下してくる危機に瀕するも、荊州の王・劉表が死に、跡目相続が勃発。

荊州を取り仕切る実力者・蔡瑁が、長兄・劉琦を差し置き、傀儡・少年劉琮を後継に据えようと、劉表の遺言を偽装し画策。

劉琦派・劉琮派に真っ二つとなった荊州の豪族たち。
そんなことならもう、劉表に頼まれた感じもあるし、荊州をとってしまいましょう、と進言されるも、恩義と筋を大切にする玄徳はこれを固辞する。義の人・劉備玄徳。

神がかった大軍師を抱える玄徳だが、身分は荊州の食客。

 

取り仕切る実力者・蔡瑁は曹操に降り、和睦してしまおうとする。

その理由…。

計6つもあった。

1, 国王の長子である劉琦派がいつ背後から立ち上がるかわからない。
2, 玄徳が劉琦派と組んでいつ背後から立ち上がるかわからない。
3, 新国王・劉琮のもとにまだ諸将がまとまっていない。
4, 曹操の軍は朝廷軍。戦うと逆賊扱いになる。
5, 曹操軍が強い。荊州の軍は弱い。
6, 曹操軍と戦えるくらいになると玄徳が裏切るかもしれない。

 

恩義に応えようとする劉備、ぜんぜん信用されてないwww

 

だが天才軍師・諸葛亮孔明の作戦は次々に奏功し、火計・水計で曹操軍を撃退していく…。