Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

ラブ&モンスターズ

投稿日:2021年5月14日 更新日:

モンスターの襲撃で人類はほぼ滅亡。生き残った者たちは地下に潜んで暮らしていた。それから7年、無線を通じて高校時代の元カノ、エイミーを探し続けていたジョエル・ドーソン (ディラン・オブライエン) は、130キロ離れた沿岸地域で暮らす彼女とついにつながる。再び想いに火がついたジョエルは、最愛の彼女に会うために、未来も何もない地下での生活を捨て、危険だらけの地上へと命がけの旅に出ることを決意する。

なんだか妙な原因で人類が追い詰められて、生態系の頂点から転落した。

地下で怯えて生きなくてはならなくなったんだけど、徒歩での130kmの旅は、食事はどうやってまかなったんだろう。

ホラーでもあり、クリーチャー映画でもあり、コメディでもある。
なんとなく飄々と、危機を乗り越えてしまうのはディラン・オブライエンのキャラだからか。

地球で独特の急速な進化を遂げてしまったモンスターたちの、生態や個性が面白い。

ネットフリックスに入ろう。

こちらから。

-映画を見ても何も思わない猿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

天空の蜂

天空の蜂

その二つは、比べるものでは無いということでしょう。

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島

作品を通して、戦時であるという緊張感が漂っている。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

最後、パテルは保険調査員に、なぜ「もう一つの話」をしたのか。

エリジウム

あと100数十年か…格差社会が極まると、こうなってしまうのか…というほどの二極化。

バクマン。

漫画に凝縮される、日本文化の粋が、映画という形で情熱をほとばしらせる。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング