Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

ロックンローラ

投稿日:

 

ガイ・リッチー×ジェラルド・バトラーが贈る、ブリティッシュ・クライム・ドラマ!
最後に嗤うのは誰だ!? ロンドン、ギャング&ロックンロール!

不動産業がドラッグに取って代わって最大の市場となり、犯罪者がそのもっとも熱心な“ビジネスマン”になっているロンドン。ワンツーのような街のケチな悪党から、ユーリ・オモヴィッチのようないかがわしいロシア人大富豪まで、その市場に参入したい者が頼るのはただひとり、レニー・コールだ。 昔かたぎのギャングであるレニーは、どこに“油”を注げばいいかを熟知し、必要な役人、ブローカー、あるいはギャングを一瞬で丸め込める。彼なら電話1本で煩雑な手続きを省略させることができるのだ。だが、レニーの腹心アーチーはボスに忠告する。ロンドンもいつまでも昔のままではない。今はまさに激変の時代。いわゆる旧東側諸国からの大物ギャングの台頭、目を血走らせた街の悪党ども、そしてその中間にいる誰もが、商売と犯罪のルールを変えようとしのぎを削っている。混戦状態のなか、ロンドンの犯罪社会がこぞって互いにだまし合い、結託し、さらには衝突しながら分け前にあずかろうとする。だが、大物、小物が入り乱れて優位に立とうとするなかで、大金がかかった取引の運命はドラッグ中毒のロックスター――死んだと思われているが実はピンピンしているレニーの義理の息子――の手中に落ちたのだった……。

 

『スナッチ』感のあるイギリスっぽいテイストのギャング映画。
だと思ってたらやっぱり監督はガイ・リッチーだった。

アメリカの不良・ギャング・ドラッグ映画と違って、イギリスのものはどこかクールで、そのぶん暗く、「どうしようもない階級社会」がその根底に見え隠れする。

そこにロシアの悪い富豪が絡んできて、静かな大犯罪が蠢く。

「最強のシークレットサービス」ジェラルド・バトラーや「アスガルドの守護者」 イドリス・エルバ、そしてイギリス映画といえばこの人マーク・ストロング。

豪華な顔ぶれを巧みに使うガイ・リッチー、思い起こせば『スナッチ』のブラッド・ピット使いも見事だったものね。

 

エンド・オブ・キングダム

 

 

 

-映画、どんどん見ていくよ!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

カンフー・トラベラー 南拳

万里の長城は永遠。

ローン・サバイバー/クライシス・オブ・アメリカ

すごい人らが、いるもんですねえ。

SCOOP!

エンドロールの、車内で待つ都城静と行川野火、二人の会話の様子が、とてもいい。

スティーブ・ジョブズ

アップルの凋落の始まり、となるのか…w

山崎真美

電人ザボーガー

主役は山崎真美さんではないでしょうかw

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング