Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

フェイクシティ ある男のルール

投稿日:

フェイクシティ ある男のルール (字幕版)

「L.A.コンフィデンシャル」以来の衝撃、キアヌが挑むクライム・アクション 最期に頼れるのは、 魂か。弾丸か。

 

「警官の腐敗」って、アメリカ映画の大テーマの一つだ。
それだけ、アメリカ人は「しっくりくる」というか、「さもありなん」な日常を過ごしているのだろう。

そこには人種問題も複雑に絡んでいて、尽きることのない緊迫感を生んでいる。

「ジョン・ウィック」を見た後だと、殺し足りない…なんて感じるかもしれないが、なんとか乗り切ったトム。主人公でなければ、4回くらい死んでる。

 

 

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!

-映画を見ても何も思わない猿

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

怒り

これを映像化しようとすると、豪華キャストにせざるを得なくなる。

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

あんなに実力拮抗してたのに、急に無抵抗で、ドテッパラを貫かれるなんて。

レオン

そういえば後に日本でも撮影された「WASABI」では、ベッソンは監督はしなかった…んだな…w

ボーダーライン

もう一人の主役、ベニチオ・デル・トロが強く、渋く、そして怖い。

エルヴィス

「ブルー・ムーン」や「ハートブレイク・ホテル」、「ハウンド・ドッグ」の名曲は、映画の中でより一層、深みを増して響く。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング