燃えよドラゴン ディレクターズカット (字幕版)

世界中をカンフーブームに叩き込んだ、という煽り文句があるんだけど、時代的に、それは本当だったんだろうと思う。

ビートルズがインドに傾倒したり、東洋の神秘がオリエンタリズムとともに珍重された。ブルース・リーの成功は、ジャッキー・チェンに受け継がれ、今の中国資本によるハリウッド支配に、つながっているのかも。

そう考えると、カンフー映画の嚆矢ともなるこの「燃えよドラゴン」は興味深い。

改めて見ると、すべてセリフが英語である。
配された俳優陣だけでなく、コンセプト・映像美など、最初から国際的な視野を持って制作されたことがわかる。

そしてなにより驚くのは、冒頭の稽古でブルース・リーと手合わせしているのがサモ・ハン・キンポーであることである。

…あ、あと、あんなに自慢だった「娘たちの護衛」、いっさい機能してなかったな…なんて…w

Huluで観ました。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中