豆知識?法律用語?その1はこちら

ガレージのある家 Vol.28 (NEKO MOOK 1952)

 察署に、「車庫証明」をとりに行った。初めてだ。
「つごう、2回、行かなきゃならないよ。」と、 事前に多くの方に言われていた。
いわんや「申請時」と「受け取り時」。

自動車の車庫証明なんて、 車屋に頼まなくても自分でやればいい。
代行業者に頼むと、15000円とか20000円とか、 かかるよ。なんて言われて。

ああそうなの、まずじゃあ、最初に登録のための申請のため、所管の警察に行かなければならないんだな。 業者に頼むほどまでに忙しいわけはないし、そこまで独特の制度ではないにせよ自動車を保有してない人は 知らない世界でもあるわけで。正直めんどくさそうだしあんまりよくわからなかったんだが、その制度?を順番にこの、少ない脳みその中で考えてみた。

庫証明というのは、「ここに、私が車を停める場所があり、 この場所の使用権を持っています!」という権利の証明だ、 乱暴に言えば。

必要なのは、使用権。
自分の所有地が無い場合、賃貸契約をして、 駐車場を借りなければならない。 

不動産屋に連絡をとり、あの駐車場を借りたいのだが、 と連絡をした。

 不動産屋「いつからの契約にします?」

自分「(いや、まだ車ないから…)そうですね、 ◯日からにします」

不動産屋「わかりました〜」

 というやりとりを電話でして、契約書類が郵送されるとのこと。

で、それに際して、 車検証免許証の提示をお願いしますね、って言われる。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いや、車はまだ中古車店にあるんだし。

 まだ車の代金も払ってないし。

 まだ車の所有者は、中古車屋だし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

なに言ってるの?と思ったよ最初は。
車もなにも、駐車スペースだけを 貸してくれればそれでいいんじゃないの??

なんか、そうじゃないんだな…。

 『駐車場を借りるには車の存在を示せ』って、 言われるんです。

へえ、じゃあなんとかしないと。

すでに車屋さんと、「これにします」という仮契約は 結んであるので、なんとか中古車屋に「あの車の車検証、 今の状態のをメールに添付してくれません?」とお願いして、 不動産屋に転送。

 いけたみたい。いけんのかい。

所有者はもちろん中古車屋。

ナンバーもあちらの管轄。

 

 

□□県●●市。

で、警察署へ行く。1回目。 警官
「この、ここの部分に、 駐車場の管理者のハンコが、要りますけど!」と、 にべもなく言われる。 保管場所使用承諾証明書。

 ちっ…なんだよそれ…わけわからん…。
中古車屋で『これ書いて出してください」ともらった紙は、 コピーだったみたい。 係の警官が「ふっ、なにこれコピーじゃん。笑わせんなよバカ」 みたいな傲慢な態度。

知らんし。
これがコピーかどうかなんか、これで通用しない なんて知らんし。
お前らは毎日同じ書類みてうんざりしてるく らいだろうけど、こっちは初めて触る種類の紙なんだぞ。

その上、経験のない「車庫証明をいただく」という 恭(うやうや)しい態度で挑んでいるのだし、さらに言えば なにも悪い事してないのに「警察だというだけで一定量の緊張をしている」状態なんだぞ。

頭の中ではそうブツブツ言いながら、 「え。ああそうなんですか。コピー。だからいけない。 はぁ、そういうもんですか」 的な曖昧な返事をして、カウンターを離れる。
警察署をぼんやり出る。

ダメなのか…。

確かに、「これに書いてもらわないと」といって係官が 出して来た紙は、そのコピーの原本っぽい材質で出来た紙だった。
ああ、そうか。 いや、でも、駐車する場所を描く地図の紙はコピーでも OKだったのにな…。

 しかし「駐車場の管理者のハンコ」が要るとは。 駐車場の管理者。
これってつまり、不動産屋のことか。
いそいで移動する。 どこへって、電車を乗り継いで、不動産屋へだよ!!

すぐにハンコを押してもらい、再度警察へ。
もう、「2回で済む」の2回を使ってしまった。 なんとか申請をすることが出来た。

警官「車庫証明じたいは、◯月▲日に下りる。
でも、あんた 駐車場の使用(契約)は◯日なんでしょ?じゃあ◯日に来てよね」 って言われる。

 へ?ああ、そうですか、うん、でもできれば、1日でも早く欲しいんだけどな…。
どうしてって、中古車屋には、 「車庫証明がもらえたら、郵送してください、 それから登録手続きしますんで」と言われているからです。

なので、車庫証明がもらえないと、車は来ない。

「すべては車庫証明から!」と思い込んでいる自分は、 このなかなか進まない感が非常にまどろっこしい。

そのころ、不動産屋から書類の郵送があった。
こないだ電話で話してたアレだ。

「駐車場の契約書に記入をして返送してね。 敷金とかの振込も早くね。期限は△日ね」と書いてある。
よく見てみると、「記入してね」と示された欄に、 「車種・ナンバー」という項目がある。

 いや、だ・か・ら!!!

 

どうやって、どの時点で、ナンバーが発行されるっていうの?
なんで今、ここに自分のナンバーが書けるんだ??
あてずっぽうで書いていいのか??

ナンバーが発行されるには車庫証明が必要で、 車庫証明をとる為には駐車場の契約が必要なんでしょ??

なんで駐車場の契約時点で、車のナンバーが書けるんだー!
これ、「土地持ち・車持ち」の方からしたらあり得ない ジレンマなんでしょうけど、あらたに「中古車を買う・駐車場 を借りる」をいっぺんにやろうとすると生じる不都合なのかも知れませんね。

 なんなんだ。

囚人のジレンマ

 その、不動産屋との駐車場契約の書類に書き込む車種・ナンバーは後で書き足せばいいと思う(代金の振込さえしておけば多分問題はない)んだけど、◯日から契約が履行される駐車場は、◯日にならないと車庫証明をもらえない(空白期間が出来るから)ので、 ◯日にならないと中古車屋に郵送できない。
それが配達されてから中古車屋は手続きを始めるんだろうけど、 手続きが終わる→納車の日まで、車のない駐車場の家賃は、 意味も無く加算されていくわけだ。
これって、たとえもっと早く◯日を設定していても、絶対に起こる空白期間のような気がするんだけど。
駐車場の使用日がA日で、家賃発生日もA日で、納車がA日で、 車庫証明の認可がA日!!みたいなことに、 なんでならないんだろうか。

なんで(日割りなのでそんなに高額ではないけれど)絶対に、ムダな期間の家賃が必ず不動産屋を儲けさせる仕組みになっているんだろうか。

不動産業界から警察になにかキックバック的なことがあるんだろうか。 勘ぐりたくなる。 無意味な損失を強いる仕組みになっている気が。

車庫証明・駐車場契約・納車手続の、 この三つ巴ががっちりかみ合って、まんじりとも動かない様相を呈している。

どこかで無理を通さないと動かない。 れ、書類上で、ツジツマ合わせる (ナンバーをあとで書き込むとか)のは出来るんだろうけど、 物理的に不可能なことになってる。

やっぱりずいぶん前からぼんやり考えていた、「どういうタイミングで駐車場って借りるんだろう?」という 疑問は、ぜんぜん不可解なまま現実化してしまったのだった。



いや、自分がアホウなだけで、もっと上手くスムースな、流れるようで0円な方法って、あったのかも知れないけど。

 勉強になった、ということで、涙を拭く事にする。
 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ガレージのある家(vol.25)【楽天ブックスならいつでも送料無料】ガレージのある家(vol.25)
価格:2,262円(税込、送料込)

 

※p.s.実は、◯日からだよ〜と

警察に言われてたのをぼんやり忘れてて、

用紙に書いてある■日に警察へ行ってしまった。

なので警察へは「相場の2倍」、

4回も行く事になってしまった。

車が来る、というワクワクを、

ずいぶん減衰させられてしまったという、おはなし。

ぐふん。