おっぱいバレー

1979年、北九州。赴任早々、中学の弱小男子バレー部顧問になった新任女性教師、美香子は、やる気ゼロの部員たちに“試合に勝ったらおっぱいを見せる”というあり得ない約束をさせられてしまう。そんな約束に戸惑う美香子をよそに、部員たちはおっぱいが見たい一心で練習に打ち込み、別人のように強くなっていく。ピンチを迎えた美香子先生の運命は…??

舞台設定は変えてあるものの、これって実話を元にしてるらしい。

青春というか思春期というか、少年たちの純粋で妄想じみた猪突猛進な性欲が、その行動の強さや団結に直結していく…。
美談のように語ることで、ふつうの青春映画に仕上がっている。

綾瀬はるかを起用すると、おっぱいバレーのおっぱいは綾瀬はるかのおっぱい、ということになってしまい、「先生のおっぱいを見たい」というよりは「綾瀬はるかのおっぱいを見たい」という風に変化され、抽象化に失敗した気がするのは、個人的見解すぎるだろうか。

仲村トオル(生徒のお父さん役)の、最後の方の場面の、一瞬の目線が気になった。

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!