クリード/チャンプを継ぐ男 (吹替版)

あのロッキーが、老いている。

そこへあの、アポロの息子が…!?

老ッキー視点か、若ポロ視点か、なかなか感情移入が難しいですけど、彼を知るフィラデルフィアが「地元」として見事に機能しているところに、たぶんアメリカ人は「郷愁」のようなものを感じるのかも知れません。

なんか、うっかり見ていたのかどうか、
主人公って、ちょっと世界タイトル戦まで早すぎません?

そうなるとあのロッキーがセコンドだし、もっと世界的に騒がれててもいいように思ったりもしました。

昔の超人気作が、はっきり決着をつけにやってきてくれた、という快感はあります。

なんか不思議な感覚にはなります。

あれ?ロッキーバルボアって、実在の人物だっけ??
みたいな。

あれ?この人がスタローンだっていうのはわかるけど、ロッキーだっけこの人?

みたいな。

ボクシングの映画は、試合のシーンが一番鼻白むところです。
しょうがないけれど、クリーンヒットの連続すぎて、「いやいや立ってられないでしょ」というような。

ラスト近く、倒れた主人公に医師が気を利かす場面。
やっぱりあれは、「俺もアポロに憧れたもんだよ」というようなシンパシー、なんですかねえ。

 

Huluで観ました。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中