キャスト・アウェイ (字幕版)

castawayとは
形容詞】1 a,捨てられた.
b,世間から見捨てられた.
2難破[漂流]した.

トムハンクスが、20kg以上減量し、最初のシーンからその形相も変わって行く様を悲壮に演じています。

無人島に運良く流れ着いて4年、助け出されて戻ってみたら…と、書いてしまえばそれだけですが、凄まじいことです。

やはりサバイバルで生き抜くにも、冷静で、理知的な方が有利なんだろうな、とおぼろげながら思います。
いろんな知識があって、行動力があって、試す意欲がある。

これ、今回のチャック(トム・ハンクス)はFedexの管理職という設定ですが、ただの配達員だったら、2週間くらいで死んでる気がする。

圧巻は、飛行機が墜落し始める、その最初のシーンですね。
飛行機のエンジンか何かが爆発したのか、機体に穴が空いて、外に吸い出されるような凄まじい圧力が機内で暴れる。

もう、普通には立っていられない状態。
その状態に、一瞬でなるんですが、その手前。今から地獄が始まるというその瞬間は、チャックが、「自分の指の絆創膏を剥がす」という場面なんですよ。

なんか、わかります。絆創膏を痛々しく剥がす時って、「世界で自分一人」みたいな集中力というか、静かに一点を見つめる感じになる。
その静けさから、まさに驚天動地の状態になる、その切り替えには驚きましたし、怖かったです。

そして、ラストシーン。

 

すごいですよね。

なんなんですかアレwwww

本当に、観ながら色々と考えることのできる、素晴らしい映画でした。

 

Amazonプライムで見ました。