Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

吹けば飛ぶよな男だが

投稿日:

あの頃映画 「吹けば飛ぶよな男だが」 [DVD]

やくざと芸能界

この自著で語られていた主演作。

東京生まれの都会で生きていたなべおさみ氏に、なぜ大阪が舞台のこの映画を主演させたのか謎。

…というかこれの舞台が大阪であるのには何か大きな理由があるのだろうか。
おそらく、ミヤコ蝶々氏の存在が大きいのではないか。

まさか、母親か…?のラストのくだりでは、フーテンの寅次郎と母親(これもミヤコ蝶々)の姿が浮かんでくる。

なべ氏の大阪弁はほとんど見事だが、考えてみれば弟分として佐藤蛾次郎氏が出演しているあたり山田洋次監督の作品として、「男はつらいよ」のスピンオフに見えなくも、ない。

小沢昭一氏のナレーションが、何より時代を映している。

 

 

 

-映画、どんどん見ていくよ!
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京原発

東京原発

人の不幸で、メシを食う人ら。

ゴースト・イン・ザ・シェル

なんだか日本語をしゃべる、滑舌の悪いビートたけし風の人が出てるのだけれど、ビートたけしだった。

天空の蜂

天空の蜂

その二つは、比べるものでは無いということでしょう。

ジェイソン・ステイサム

メカニック

この映画は、何より音楽が素晴らしいと思う。

ちはやふる-下の句-

個人か、団体か。
孤独か、仲間か。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング