Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画を見ても何も思わない猿

吹けば飛ぶよな男だが

投稿日:

あの頃映画 「吹けば飛ぶよな男だが」 [DVD]

やくざと芸能界

この自著で語られていた主演作。

東京生まれの都会で生きていたなべおさみ氏に、なぜ大阪が舞台のこの映画を主演させたのか謎。

…というかこれの舞台が大阪であるのには何か大きな理由があるのだろうか。
おそらく、ミヤコ蝶々氏の存在が大きいのではないか。

まさか、母親か…?のラストのくだりでは、フーテンの寅次郎と母親(これもミヤコ蝶々)の姿が浮かんでくる。

なべ氏の大阪弁はほとんど見事だが、考えてみれば弟分として佐藤蛾次郎氏が出演しているあたり山田洋次監督の作品として、「男はつらいよ」のスピンオフに見えなくも、ない。

小沢昭一氏のナレーションが、何より時代を映している。

 

 

 

-映画を見ても何も思わない猿
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

キネマの神様

菅田将暉が沢田研二に、野田洋次郎が小林稔侍に…

小沢健二の「魔法的」は、何が魔法的だったか

日常に帰ろう。

オートマタ

ロボットが勝手に発展し、進化していき、前世代の地球の支配者として、人類は滅んでいく。

一度死んでみた

広瀬すずの輝きで見ていられる。

幻の深海魚リュウグウノツカイ

幻の深海魚リュウグウノツカイ

謎多き、「ニシンの王」。

読まれている記事ランキング

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング