ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(吹替版)

インドのポンディシェリで動物園を経営していたパテル一家は、カナダ・モントリオールに移り住むことになる。ところが16歳の少年パイと両親、多くの動物たちを乗せた貨物船は、嵐に見舞われて沈没してしまう。ただ一人パイは救命ボートに逃れて一命を取り留めるが、何とそのボートにはリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラも身を潜めていた。果たしてトラはパイの命を奪うのか、それとも希望を与えるのか。かくしてパイと一頭のトラとの227日間にも及ぶ太平洋上の漂流生活が始まった…。

 

この物語を「つまらない」と断じているレビュアーがいることに、少し驚く。
最後までちゃんと見ていないか、CGの美しさ、どんでん返し、大きな音、などにしか興味がわかない、稚拙な感性なのだろう。

最後、パテルは保険調査員に、なぜ「もう一つの話」をしたのか。
映像となっていた虎との話と、彼の最後の話との関係とはいったいなんなのか。

実は漂流する前までの、インドでの家族、そして信仰、その部分こそがおもしろい。

 

Huluで観ました。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

動物園の近くのホテル

HOTEL.LINKS 動物園前りんくす どうぶつえんまえ
HOTEL.LINKS 動物園前 1,440円~

関西空港から乗り換え無しで着く便利な立地

所在地:〒557-0002 大阪府西成区太子1-6-19

アクセス:南海・JR新今宮駅より徒歩5分 地下鉄御堂筋線 動物園前駅 4番出口より1分

ホテルトレンド旭川とれんどあさひかわ
ホテルトレンド旭川 1,000円~

駐車場無料!旭山動物園まで車で15分、あ

所在地:〒079-8413 北海道旭川市永山3条19-1-2

アクセス:永山駅より徒歩にて約5分

JRイン旭川じぇいあーるいんあさひかわ
JRイン旭川 3,800円~

JR旭川駅&イオンモール直結の好立地。宿

所在地:〒070-0030 北海道旭川市宮下通7丁目2番5号

アクセス:■JR旭川駅直結■ 旭川空港、旭山動物園行きバス停はホテルの目の前 繁華街も徒歩圏内です♪

ホテルビスタ札幌[大通]ほてるびすたさっぽろおおどおり
ホテルビスタ札幌[大通] 3,600円~

大通公園とすすきのの間に位置しアクセスも

所在地:〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西5-16

アクセス:地下鉄大通駅・すすきの駅→地下街ポールタウン→狸小路4丁目方面出口より徒歩2分

ホテル日航姫路にっこう ひめじ
ホテル日航姫路 3,450円~

★2019年春・高層階フロア改装★JR姫

所在地:〒670-0962 兵庫県姫路市南駅前町100

アクセス:JR 姫路駅より徒歩1分(JR姫路駅中央口より南へ)/姫路バイパス南IC下車約10分

クアパーク津田(国民宿舎松琴閣)くあぱーくつだ(こくみんしゅくしゃしょうきんかく)
クアパーク津田(国民宿舎松琴閣) 5,000円~

津田の松原・琴林公園の隣にあり全室オーシ

所在地:〒769-2401 香川県さぬき市津田町松原地内

アクセス:JR讃岐津田駅より徒歩約20分、高松自動車道津田東IC、または津田寒川IC下車5分

仙人と天女の露天風呂 昭和レトロなスパホせんにんとてんにょのろてんぶろ しょうわレトロなスパホテル たかさごおんせん
仙人と天女の露天風呂 昭和レトロなスパホ 1,250円~

お風呂のデパート高砂温泉。アットホームな

所在地:〒070-8061 北海道旭川市高砂台8-235-1-5

アクセス:旭川駅よりお車にて約25分

Rホテルズイン北海道旭川あーるほてるずいん ほっかいどう あさひかわ
Rホテルズイン北海道旭川 2,250円~

旭川駅から徒歩5分の好立地で、何度も戻っ

所在地:〒070-0032 北海道旭川市2条通8左3

アクセス:旭川駅より徒歩にて約5分

ホテルアベスト新安城駅前あべすとしんあんじょうえきまえ
ホテルアベスト新安城駅前 2,900円~

ビジネス・観光に便利な名鉄新安城駅北出口

所在地:〒446-0007 愛知県安城市東栄町1-7-3

アクセス:名鉄名古屋本線「新安城」駅北口から徒歩1分。JR東海道本線「三河安城」駅より徒歩38分。

ホテルトレンド岡山駅前(2019年10月とれんどおかやまえきまえ
ホテルトレンド岡山駅前(2019年10月 1,620円~

NEW OPEN!岡山駅から徒歩約3分★

所在地:〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井1-1-17 アクロスキューブ岡山駅前4F

アクセス:JR岡山駅 後楽園口(東口)より徒歩3分/岡山電気軌道:東山本線 岡山駅前より徒歩3分

楽天ウェブサービスセンター
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日(吹替版) インドのポンディシェリで動物園を経営していたパテル一家は、カナダ・モントリオールに移り住むことになる。ところが16歳の少年パイと両親、多くの動物たちを乗せた貨物船は、嵐に見舞われて沈没してしまう。ただ一人パイは救命ボートに逃れて一命を取り留めるが、何とそのボートにはリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラも身を潜めていた。果たしてトラはパイの命を奪うのか、それとも希望を与えるのか。かくしてパイと一頭のトラとの227日間にも及ぶ太平洋上の漂流生活が始まった…。   この物語を「つまらない」と断じているレビュアーがいることに、少し驚く。 最後までちゃんと見ていないか、CGの美しさ、どんでん返し、大きな音、などにしか興味がわかない、稚拙な感性なのだろう。 最後、パテルは保険調査員に、なぜ「もう一つの話」をしたのか。 映像となっていた虎との話と、彼の最後の話との関係とはいったいなんなのか。 実は漂流する前までの、インドでの家族、そして信仰、その部分こそがおもしろい。   Huluで観ました。 →Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中

あなたの評価を投票してください!

評価: nan/5 (0名 評価済み)