Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

SAS: 反逆のブラックスワン

投稿日:

 

ロンドンからパリへ向かう高速列車が、武装した傭兵集団にハイジャックされた。恋人と共に車内に居合わせた特殊部隊員は、冷酷非道なてきと戦うことを決意する。

 

イギリスやアメリカでは劇場で公開されたらしいが、日本ではNetflixによる独占公開。

これは「ハッピーエンド」なんだろうか?

続編が作られることが前提となってるのかな、と思わせる終わり方と、主人公の特異な性質が浮き彫りになって、なんとなく「これはこのままで終わらない」感が出ている。

「ジョン・ウィック:チャプター2」で奇抜な暗殺者を演じたルビー・ローズが「ギフト」を擁した天才テロリストになっている。

超人的に強い主人公ではあるが(下半身を撃たれたのに応急処置だけで走ったりしてる)、実は王家の御曹司??だったりする設定も、これから巻き込まれる大騒動(首相のスキャンダルどころではないかも)を予見させる。

ネットフリックスに入ろう。

こちらから。
 

-映画、どんどん見ていくよ!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デッドマン・ダウン

「2年前 助かった命だ」

南極料理人

勝手にラーメン食べてたり。
勝手にバターをかじってたり。

ヤクザと家族

その様子は、見ていて苦しい。

レッドライト

つまり脈絡も論理の飛躍した、「見たいものを、見たいようにしか見ない」という視野狭窄の結果なのか、と。

アイアムアヒーロー

多くのゾンビもので採用されている、「頭を潰せば止まる」とかもそう。

ハッピーメールバナー