Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

SAS: 反逆のブラックスワン

投稿日:

 

ロンドンからパリへ向かう高速列車が、武装した傭兵集団にハイジャックされた。恋人と共に車内に居合わせた特殊部隊員は、冷酷非道なてきと戦うことを決意する。

 

イギリスやアメリカでは劇場で公開されたらしいが、日本ではNetflixによる独占公開。

これは「ハッピーエンド」なんだろうか?

続編が作られることが前提となってるのかな、と思わせる終わり方と、主人公の特異な性質が浮き彫りになって、なんとなく「これはこのままで終わらない」感が出ている。

「ジョン・ウィック:チャプター2」で奇抜な暗殺者を演じたルビー・ローズが「ギフト」を擁した天才テロリストになっている。

超人的に強い主人公ではあるが(下半身を撃たれたのに応急処置だけで走ったりしてる)、実は王家の御曹司??だったりする設定も、これから巻き込まれる大騒動(首相のスキャンダルどころではないかも)を予見させる。

ネットフリックスに入ろう。

こちらから。
 

-映画、どんどん見ていくよ!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

指輪をはめたい

「記憶喪失モノ」って、卑怯ですよねww

悪の教典

悪の教典

人間はまともなまま、ああはなれないんだろうか。

日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

責任の取り方が「いきなり命」なんです。

HOLLYWOOD

夢は消えず、無謀な野望で脳みそが腐敗しかけている人というのは、昼間でも暗闇に住んでいるんです。

チャーリー・モルデカイ

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

「もらいゲロ体質」が面白い。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング