Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

映画、どんどん見ていくよ!

ドライブ・マイ・カー

投稿日:

舞台俳優であり演出家の家福(かふく)は、愛する妻の音(おと)と満ち足りた日々を送っていた。しかし、音は秘密を残して突然この世からいなくなってしまう。2年後、広島での演劇祭に愛車で向かった家福は、ある過去を抱える寡黙な専属ドライバーのみさきと出会う。悲しみと“打ち明けられることのなかった秘密”に苛まれてきた家福は、みさきと過ごすなかであることに気づかされていく――。

 

村上春樹の原作をベースに、他の短編の内容も織り交ぜた作品になっている。

秘密を誰に話すか、いつ話せるか、話すような相手ではないからこそ話せるのか。
ごくありふれた苦悩と言って仕舞えばそれまでだが、静かに考え続ける主人公は、心の傷を言葉で乗り切ろうとして、それは成功しようとしている。

セリフや登場人物がいなくても、音楽と風景描写でずっと画面を見ていられる、すべてへの、視線の優しさを感じる。赤いサーブ900ターボが、すべてを知っているような存在として語りかけてくるように思う。

 

 

・Amazonプライムに入れば、すぐ観れるというやつ!

 

-映画、どんどん見ていくよ!

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

嘘八百

何より、近藤正臣、芦屋小雁が素晴らしい。

50回目のファーストキス

とてもいい話で、常夏のハワイだからこそ、日付に関係なく「今日も同じ日を繰り返す」、が可能だという設定だ。

キングスマン: ゴールデン・サークル

麻薬王から世界を救うのが酒を売ってる組織、だというのも「イギリス流の皮肉」なんだろうか。

ジェイソン・ボーン

ボーンと組んだ方が良さそうw

ホース・ソルジャー

終わりはないし、憎悪は連鎖している。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング