クーデター

クーデター(字幕版)

緊張感が、ずーっと続く、なんというか、「しんどくなる」映画ですね。
それだけ、なんだか政情不安な国にいる、臨場感がある。

どこの国、とは特定されてはいないものの、東南アジア諸国において、ひょっとして明日にでも本当に起こりかねない国はある、という感じ。

「巻き込まれた主人公ファミリー」という始まり方ではあるけれど、実は、真っ只中の当事者のうちの一人である、という現実を突きつけられる。

なんでまたそんな役に元・ジェームズボンドを…と最初は思いましたが、ああ、そういう…っていうねw

この緊張感、「ちょっとソファでゆっくりくつろぐか…」という時に観る映画ではないな、と思いました。

Amazonプライムで見ました。

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ