Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

ほんとうにすごい!iPS細胞

投稿日:

ほんとうにすごい! iPS細胞

この本の発売が2009年。
さらに研究は進み、問題とされていた「腫瘍化」も、改善されて来たと言います。

iPS細胞にグッとくるのは、山中伸弥教授の名前から取った「ヤマナカ4因子」。

そして、アップル社製品では無いけれど、あっ、なんだか新しくて過ごそう!と思えるためにつけたという、その名前じたい。先頭に「i」がついているのは、そういうことなんだそうです。

というか最初は、Appleとソニーが研究したの?なんて思いましたがw

ES細胞やiPS細胞をフルに活用するには、やはりどこかでぶつかる「倫理観の壁」というものがあって、それは実は、ぜんぜん世界共通じゃない。その辺りは、科学のお話なのか、宗教観の領域なのか…。

-読んだ本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マグダラのマリア―エロスとアガペーの聖女

堕落と悔悟、その二面性を表現するアイコンとして、敬虔を惹起する女。

龍の文明・太陽の文明

ドジョウじゃないんだからww

「関係の空気」「場の空気」

「ボク生き」で通じる、と判断した、その瞬間に。

トリックスターから、空へ

この本は、この項だけで価値があります。

一〇〇年前の女の子

一〇〇年前の女の子 (文春文庫) (日本語) 文庫 – 2016/7/8 「わたしにはおっ母さんがいなかった」 米寿を過ぎて、母テイが絞り出すように語り始めた――生後一か月で実母と引き離され、養女に出 …

ハッピーメールバナー