Where Are We Now?

僕らは今、どの辺にいるんだろ?

読んだ本

文化人類学で読む日本の民族社会

投稿日:

文化人類学で読む日本の民俗社会 (有斐閣選書)

最後の章を読むだけで、珠玉の価値がある本だと思いました。
いえ、最後の章だけでいいんじゃないの?という意味ではなく。

韓国との比較もさることながら、高知の「よさこい」の分析はとても興味深い。

全国にその相似形があることは肌でわかるし、根本的な構造としての日本人のメンタル、その原因が、浮き彫りにされるような。

膨大なフィールドワークの重みが感じられる、民族としての文化人類学。

-読んだ本
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

正倉院

やはり、「国家珍宝帳」。

バッタを倒しにアフリカへ

稀有なキャラクターはすでに、メディアでも話題だ。

日本共産党

面白いのは、共産党が持っているロジックだ。

教団X

教団X

ぶあつい。とにかく厚い。

トリックスターから、空へ

この本は、この項だけで価値があります。

ハッピーメールバナー
※New※ プロミス レディースキャッシング