管理栄養士と美容皮膚科医共同開発【7daysカラースムージー】100円モニター

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか

ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか (光文社新書)

衝撃の書、と言ってもいいでしょう。

 

 

今までの、意味のわからない生活上のしんどさがすべて説明できる「糖質の摂りすぎ」。

最近は「糖質オフ」の食品も増えてきましたが、それどころじゃない。
人類700万年の歴史において、しっかり糖質を摂るくらしになったのは1万年に満たない。
日本のDNAとも言える食糧自給のデッドライン「米」を食べるようになったのは、3000年程度に過ぎない。

 

 

 

おどろきは、「がん」に関する記述。

がん細胞は、「ブドウ糖」を餌に成長する。
糖質を摂らなければ、がん細胞は成長しない。

がんや認知症(認知症は糖尿病の一種ではないかという研究もある)の予防に効く、と言われて、そして自分の体調や健康な生活を知って、「MEC食」を続ければ、糖尿病の心配もなくなる。

今のままでは、みんな、糖尿病になります。

そして合併症へ。

 

 

 

米・パン・うどん・パスタなど、「主食」と言われるものは全てアウトだけど、肉を食べてもいいというのは嬉しい。

コレステロールは、高い方がいい。
衝撃の記述はまだまだ続きます。

 

 

 

妊娠糖尿病の謎が、糖質制限で明らかになっています。
胎児は、ケトン体で生きている!!!!

学会も認めたがらないこの事実は、日本の医療がひっくり返るほどの衝撃です。

そして、それが単なる「説」でないのは、帝王切開を回避できるほどに順調なお産を経ている、多くの妊婦が証明している。

その順調さの確率は、100%なんです。

早めに、とりかかった方がいいですね。

 

 

 

実はお正月ごろに書いていた

2016正月の実験(写真なし)

は、このことを言ってたんですよ。

 

 

 

「糖質制限」は、「カロリー制限」ではないんです。
そのあたり、ちゃんと理解すれば、将来は健康が保証されるでしょう。

アホみたいなダイエットは、もうやめましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

このページの先頭へ