みなさんは、カナリスタってご存知だろうか? 知らない? 知らないかー…

カナリスタというのは、 コーヒーの種類だ。

いえ、違うのだ。

?????? 

カナリスタ」で検索してみると… 存在は知っているものの、 「それをなぜ、カナリスタと呼ぶのか」というところまでは、 ご存知ない様子。

 

カナリスタとはなんぞや

さて、みなさんは高速道路などでほっと一息つくとき、 運転で疲れた神経をほぐす時、 なにを飲みますかぃ?

缶コーヒー? お茶? エナジードリンク?
いやいや、ホットコーヒーだろう?

というダンディズムあふれる漢(おとこ)、たくさんいらっしゃるだろう。女性も含めて。

サービスエリアやパーキングエリアにある、「コーヒールンバが流れる自動販売機」。

知ってる?

まぁ、250円とか、300円とか。
見たことあるよね?

こういうやつ。      

 

IMG_1219

この自動販売機は、「ミル挽き珈琲 アドマイヤ」という機種。

トーヨーベンディングさんの製品。
トーヨーベンディングさんは、ほかにも、病室を安全に保つために、 テーブルやベッドなどのいわゆる「コマ」をロックする商品を開発・販売していたりする会社。

この「ミル挽き珈琲 アドマイヤ」は全サービスエリア・やほぼすべてのパーキングエリアにあると言っていい、圧倒的なシェアを誇る機種。

そう、あの

「製造工程が画面で見られて、コーヒールンバが流れる自動販売機」だ

完璧な蓋まで装着して窓から出てくるその仕様は、 便宜的にいえばスターバックスなどより上なのではないか、と個人的には思う。

それでも、1杯250円か…うーん…と二の足を踏むドライバーを何度も見かけたことがある。

わかります、そりゃそうです、でも、それ、缶コーヒーと比べるから、だ。

その機種名が語るとおり、1杯1杯ミルで引いて淹れるコーヒーの香り高さは、 缶コーヒーがいくらTVCMなどでイメージ操作してこようとも、 絶対に追いつけるものではない。

最近は抹茶やアイス商品も充実してきていて、「人が入っているんじゃないか?」と子供なら不思議がるほどの、繊細で多彩な上質ドリンクを提供しる。



 

さて、さて。
そんなラインナップ「キリマンジャロ」や「モカ」、「アメリカン(これはキリマンジャロのアメリカンだと思われます)」の中に、「カナリスタ」は存在します。

一番上の右。

 

 IMG_1218

 

これだけ、150円なのです。

安い。

なぜ、安い…??と思いながら、150円なら…と、缶コーヒーに近い値段で本格派なら…という、甘い判断力(?)で購入する人も、多いはず。

 

買ってみよう

買ってみた。場所は、第三京浜の都築パーキングエリア。初めて私が「カナリスタ」の存在に気づいた場所でもある。

 

カナリスタを買う。

その前に。

他の、「キリマンジャロ」とか「モカ」とか(200円〜250円)は、

まず、
1「焙煎された、それぞれの豆が決められた分量出てくる」

2「(たぶん)ミル挽きされてる)」

3「ドリップされる」

というような工程が画面で観れる。

そこに「あなたのためにドリップ中❤️」というシールが貼ってあったりして、「ええ?生映像なの!?ええ!」という驚きが、ある。

このシールはこのシールでまた、「事務所のファイルの背表紙に貼るやつで出力した感じ」が味わい深いわけであり、まぁそれはともかく…。

いろんな人が「工程」として知っている、画面で楽しむコーヒールンバのBGMといえば、そういうものなのだが。

 

さて、どうでしょう。

カナリスタ購入動画 ↓

 

なんか、違うでしょう。
豆が出てくるところがない。

いきなりカップが、なにかの抽出口へ移動し、すぐさま(たぶん)お湯を注ぐ注出口に止まる。

そしてすぐさま蓋がされ、すぐさま下の窓に出てくる(約1分)。

早ッッッ!!!!

 

言葉の意味

つまりこれ、「インスタントコーヒー」なのだ。ほかのは、いわゆる「レギュラー珈琲」。意外に「インスタント」と「それ以外」の区別がついていない大人も多いことには驚かされるところだが、美味しいのは圧倒的かつ絶対的に「レギュラー珈琲」なのだ。

確かに、技術的に「ソリュブルコーヒー(インスタント)」は、ものすごいものがある。そのあたりは自分で調べていただくとしてw、焙煎した豆を一杯分、自宅でミルで挽き、ペーパードリップやネルドリップで淹れたコーヒーを飲んだことがある人なら、もう「香りがまったく違う」ということを、ご存知だろうと思う。

カナリスタは、その映像を画面で見ていなくても、出てきたコーヒ−の香りが鼻腔に達すればすぐに「あ、インスタントだ」とわかる。

そういうの、まったく知らない人からしたら「キリマンジャロ」「モカ」「アメリカン」「カナリスタ」。

ぜんぜん違和感のない、コーヒーの種類のひとつとして認識されてしまうことだろうwww。

現に、いろんな人のブログとかを見て回ると(今回カナリスタでかなり検索しました)、「カナリスタ、美味しいです」という感想を書いている人もちらほら。

 

オイオイ…

いや、そりゃ、もちろん味は好きずきだが、インスタントコーヒーがミル挽き珈琲より美味しいとかは、ありえないから。インスタントラーメンの方がお店のラーメンより美味しい、ということはありえない。

が、そこはスキズキ、かなぁ…どうだろう…。

とにかく「わかってたら」、わざわざトーヨーベンディングさんの「ミル挽き珈琲 アドマイヤ」で、「インスタントコーヒーを買う必要はまったく無い」と思うのが珈琲好きというものではないだろうか。

インスタントならそこがサービスエリアなら、フードコートなどのあの、ポテトとか売ってるコーナーでコーヒー頼めばいいのだ。

この、わざわざミルで挽いてます、その証拠を生映像でお見せしています、という画期的な自動販売機で買う必要は無い。

しかし見ていると、しばらく悩んだあと、「う〜ん、本格的なコーヒーの自動販売機か…その中では…これが一番安いな…」という論理展開でカナリスタを購入する人が多いみたいに感じる。

 

でもそもそも、「インスタント」って書いてあれば、誰も買わないんじゃないの!!????

 

つまりこの「カナリスタ」という名前にこそ、イリュージョンが。

ひょっとしたら「カナリ」「いんスタ」んと、っていう隠語なんじゃないの?

 

聞いてみた。

これはもう、聞いてみよう、ということで、トーヨーベンディングさんに電話して、聞いてみました。

お問い合わせ番号が、ちゃんとある。

0120-170-522

受付の方に電話した意図を伝えると、すぐに「お待ちください」ということで。しばらく待った。

待ってる間の、電話口に流れる音楽もコーヒールンバww

徹底している。

しばらくして(ちょうど1分!カナリスタと同じ!)、男性の担当者の方が出てきていただいた。

電話の意図を伝えると。

 

「これは、“造語”でして…」

「え?造語なんですか?なにかを表すイタリア語とかじゃなくて?」

「はい、雰囲気のある、お客様に親しみを持ってもらえる造語、ということで…」

「なにかとなにかを融合した、合体させた言葉では…」

「そういうこともございませんでして、うちの会社の、造語でございます」

 

と、丁寧に教えていただいた。

「合体したわけではない」という部分、もっと突っ込んで聞くべきだったかな…

「カナリ」「いんスタ」んと、じゃねえの???

とか。

いや、しかし、トーヨーベンディングが勝手に考えた、造語だったとは…

 

カナリスタ。

 

今後、私は「アドマイヤ」において、このボタンを押すことは無いと思うが、その味の違い、確かめたい方は、ぜひどうぞ。

 

もっと、美味しいコーヒーが一般的に広まりますように。
焙煎した豆を挽いてすぐ淹れて飲む、いわゆる「豆がお湯でモコモコ〜」な、香り高いコーヒー文化が、インスタントよりも普通になればいいな。

コーヒー好きとしては、そう願う。

 

カナリスタ。

 

とりあえず、ここしばらくの謎がとけた。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

こっ、こんなものが…!!!!